高知市
高知市|よくあるお問い合わせ検索

ライフステージから探す ライフステージから探す


カテゴリから探す カテゴリから探す

   
  (類義語検索は検索語を1語のみ入力してください。)


 FAQ詳細 FAQ詳細

最終更新日:2014年12月26日

FAQ ID       

FAQ000071300

カテゴリ

保険・年金・福祉・支援給付 / 国民健康保険

ライフステージ

妊娠・出産

質問

国保:子どもを出産(流産・死産)しましたが給付は受けられますか。

回答

●平成26年12月31日までの出産
 出産したとき又は妊娠12週(85日)以降の死産・流産をしたときは,1児につき39万円の出産育児一時金が支給されます。
 ただし,産科医療補償制度に加入している分娩機関で出産(妊娠22週以降の死産を含む)した場合は3万円を加算して42万円が支給されます。
 また,出産にかかった費用をこの出産育児一時金で,国保から分娩機関に直接支払うことができる「直接支払い制度」がご利用できます。

●平成27年1月1日以降の出産
 出産したとき又は妊娠12週(85日)以降の死産・流産をしたときは,1児につき40万4千円の出産育児一時金が支給されます。
 ただし,産科医療補償制度に加入している分娩機関で出産(妊娠22週以降の死産を含む)した場合は1万6千円を加算して42万円が支給されます。
 また,出産にかかった費用をこの出産育児一時金で,国保から分娩機関に直接支払うことができる「直接支払い制度」がご利用できます。

担当部局

保険医療課 / 給付係

電話番号

088-823-9359


この情報は役に立ちましたか?
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください(全角500文字以内でご記入ください)

Web問い合わせ