キーワードでさがす

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.知り合いの人が選挙に出るので,インターネットを使った選挙運動で応援しようと思っています。できること,できないことがあると思います。どのようなところに注意したら良いでしょうか。

A.ご回答内容

いくつか留意点があります。
1 年齢満18歳未満の方は,インターネット選挙運動を含め,あらゆる選挙運動をすることができません。
2 選挙運動は,選挙の告示日(公示日)に,立候補の届出をしてから選挙期日(投票日)の前日までしかできません。そのため,立候補届出前に特定の候補者への投票を呼び掛けると事前運動になります。また,投票日当日には,ブログの更新などはできません。
3 候補者や政党など以外は,電子メールを使った選挙運動はできません。
一般の有権者の方は電子メールを利用したり,候補者等から送られてきた電子メールを転送したりすることを禁じられています。
4 一般の有権者は,ウェブサイト等を利用して選挙運動ができます。
ホームページやブログ,SNS(フェイスブック,ツィッター,LINE等)のメッセージ機能を利用することができます。
その場合,電子メールアドレス等の表示義務がありますので,注意してください。
5 電子メールに添付されたり,ウェブサイト上に掲載されたりしているマニフェストやビラ,ポスターを紙に印刷して配ったり,掲示したりすることはできません。
6 そのほかにも,禁止事項や注意事項がありますので,詳しくは総務省ホームページ「インターネット選挙運動の解禁に関する情報」をご覧ください。

属性情報

ライフステージ
未設定
カテゴリ
選挙  >  政治活動・選挙運動(一般編)
更新日
2020年06月25日 (木)
アクセス数
209