キーワードでさがす

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.野生の鳥獣が傷ついているのですが,どうすればいいでしょうか?

A.ご回答内容

野生の鳥獣で保護しなければいけないほど弱っている場合は,環境政策課にご相談ください。種類や状態を伺い,判断,対応させていただきます。ただし,お話を伺って,巣立ちビナなど保護する必要がないと判断する場合や有害鳥獣(※)の場合などは,保護の対象外としています。

 ※ 有害鳥獣 (カラス,ドバト,タヌキ,サギ類,ムクドリ,ヒヨドリ,ハクビシン等)

・犬や猫の場合は 保健所 生活食品課 (088-822-0588) にご相談ください。
・犬や猫以外で,ペットとして飼われていた動物の場合は,拾得物となりますので警察にご相談ください。

(担当課)
環境部 環境政策課 電話:088-823-9209

属性情報

ライフステージ
未設定
カテゴリ
生活環境・ごみ・動物  >  動物・ペット
更新日
2020年07月17日 (金)
アクセス数
78