キーワードでさがす

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.戸籍謄・抄本,除籍謄・抄本,改製原戸籍謄・抄本,戸籍の附票の写しを郵送してもらいたいのですが。

A.ご回答内容

■戸籍・除籍・改正原戸籍・戸籍の附票は郵送により請求できます。送付先は原則として請求者の住所登録地になります。
■戸籍の証明は本籍地の市区町村で申請できます。次の1~5の必要書類をご用意のうえ,お送りください。
※電話,FAX,Eメールでの受付はできません。

1.「郵送交付申請書」 書式は問いませんが,次の事項を必ず記入しておいて下さい。 なお,申請書は高知市役所ホームページよりダウンロード可能です。また,他の市町村の戸籍の請求書(郵送用・窓口用どちらでも可)を使用していただいても結構です。
(1)タイトル『戸籍等の請求』 
(2)本籍(番地まで記載してください。)
(3)筆頭者氏名 
(4)どんな証明が何通必要か(例 戸籍謄本 1通) 
※抄本を請求される場合は,どなたの記載が必要かも明記ください。 
(5)使用目的  
※除籍の請求をいただいた場合でも,除籍謄本ではなく改製原戸籍謄本や戸籍謄本に必要としている内容が記載してある場合がありますので,必要としている内容を具体的に申請書に記入してください。(例:○○様の出生から死亡までの全ての戸籍,○○様と△△様との婚姻期間が確認できる戸籍,○○様の死亡年月日が記載された戸籍,など) 
※戸籍の附票を請求される方はどこからどこまでの住所履歴が必要なのか,あるいは現住所の証明が出来ればよいのか記載しておいてください。住所履歴が必要な時は,附票の枚数が複数にまたがることがあります。 
■高知市では戸籍の電子化により平成13年6月30日に改製(書きかえ)を行っています(平成に市町村合併した旧町の戸籍については,改製された時期がことなりますのでご注意ください)。平成13年6月30日以前の場合は,改製原戸籍を取得していただくことになります。
■婚姻等により戸籍の変動があった方でその前後の住所履歴が必要な場合は,戸変動後と変動前それぞれの本籍・筆頭者氏名で請求していただくことになります。 
■なお,平成5年12月31日以前に改製や除籍になった附票は廃棄しています。 
※高知市に本籍がない方が,両親,祖父母等の戸籍等を請求する場合はその方との関係がわかる戸籍謄本(コピーでも可)などを添付して下さい。

(6)請求者の現住所,氏名,昼間の連絡先の電話番号,筆頭者との続柄

2.「本人確認書類の写し」 官公庁発行の身分証明書・書面の写しを同封してください。 現住所の記載がある面の写しも同封してください。 (例  住民基本台帳カード,運転免許証,健康保険証など)

3.「交付手数料」 ・戸籍謄抄本は1通450円 ・除籍謄抄本・改製原戸籍謄抄本は1通750円
 ・戸籍の附票は1通400円 手数料については,郵便局の定額小為替または現金を同封ください。現金の場合は現金書留で送付ください。 
※なお,切手や収入印紙では受付できませんのでご注意ください。また,一生戸籍や家系図作成のため,あるいは相続関係の場合,何通発行となるかは,申請書が届いてからでないとわかりませんので,通常,郵便局発行の定額小為替を1セットにつき3千円程度送付してもらっています。足りない場合は,追加で送っていただきその手数料が届き次第戸籍を送付することになります。余れば定額小為替でお返しいたします。

4.返信用封筒 返送先の住所(原則住民登録地になります)・氏名・郵便番号を明記し,送料分の切手(速達を希望される場合は速達分の切手)を貼ってください。

5.代理人による請求の場合は,委任状も必要です。この場合,代理人の本人確認書類の写しを同封していただき,代理人の住民登録地へ送付することとなります。

高知市にご請求される場合の送付先
〒780-8571 高知市本町5丁目1-45 高知市役所中央窓口センター
TEL 088-823-9432

■委任状については次のとおりです。
便せん等に委任者本人が次の項目を記載してください。(1)タイトル『委任状』(2)誰に(代理人の住所と氏名)(3)委任事項(何を委任するのか具体的に記載をする)(4)委任年月日(5)委任者の住所・氏名・記名や代筆の場合は押印・生年月日・連絡先の電話番号 
※委任状(様式)は中央窓口センター・各地域窓口センターに置いています。また,高知市役所ホームページからダウンロードすることも可能です。

属性情報

ライフステージ
未設定
カテゴリ
住民票・戸籍・印鑑証明  >  戸籍謄抄本
更新日
2020年06月25日 (木)
アクセス数
102