キーワードでさがす

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.[認定]主治医の意見書はなぜ必要なのですか。

A.ご回答内容

主治医は,日頃の申請者ご本人の心身状態を把握・理解していることから,その主治医の意見書は,介護認定審査会における公正な審査・判定の基礎資料となります。
また,第2号被保険者(40歳から64歳)の場合,加齢に伴う病気(添付ファイルをご確認ください)により,支援や介護が必要となった場合にのみサービスを利用することができるため,特定疾病にあたるかどうかの判断の資料となります。
【問い合わせ先】:介護保険課認定係 電話:088-823-9931

属性情報

ライフステージ
高齢者・介護
カテゴリ
保険・年金・福祉・支援給付  >  介護保険
更新日
2020年07月17日 (金)
アクセス数
26