キーワードでさがす

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.国保:70歳になると病院での負担割合が下がりますか。

A.ご回答内容

70歳の誕生日の翌月1日から(1日が誕生日の方は誕生月から)以下のとおりの負担割合となります。
・同じ世帯の70歳から74歳の国保被保険者全員が,住民税課税所得(総所得から各種控除を差し引いた残りの金額)145万円未満の場合・・・2割
・上記以外の場合・・・3割
 ただし,次の方は2割負担となります。 
〇70歳から74歳の国保被保険者の収入合計額が,単身世帯で383万円未満,複数世帯で520万円未満(75歳以上の旧国保被保険者がいる場合も含む)
※旧国保被保険者とは,国保から後期高齢者医療制度に移行した方で,移行後も引き続き同じ世帯に属している方をいいます。
〇70歳から74歳の国保被保険者の旧ただし書き所得(総所得金額等-基礎控除43万円)が210万円以下

新たに70歳になる方には,70歳の誕生日の月(1日が誕生日の方は前月)の下旬に,負担割合を記載した保険証兼高齢受給者証をお送りします。70歳の誕生日の翌月(1日生まれの方は誕生日の月)からは,医療機関を受診する際はその証をご提示ください。また,年度ごとに住民税課税所得を確認のうえ7月下旬に新年度の保険証兼高齢受給者証をお送りします。保険証兼高齢受給者証の有効期限は通常8月から翌年7月までの1年間です(その期間内に70歳になる方,または,75歳になる方などを除く)。

属性情報

ライフステージ
未設定
カテゴリ
保険・年金・福祉・支援給付  >  国民健康保険
更新日
2024年04月15日 (月)
アクセス数
381